共創2020プロジェクト

2020年度の目指す姿(ビジョン)を達成するために、2011年度からの中期経営計画を実行してきました。3年間の外部環境変化を再確認し、新たな2014年度からの中期経営計画を策定するプロジェクトを始動しました。それが、「共創2020プロジェクト」です。このプロジェクトにおいて、『社員と会社の成長への道のり』を示す経営計画を策定し、2020年度の目指す姿(ビジョン)の達成を実現させていきます。

重点戦略課題

[社会貢献]主な地域貢献活動

「おかやまアダプト」推進事業
「道路アダプト制度」(井原市)
「井原市消防団」協力事業所
「岡山の就労応援団」登録企業

[社員満足度の向上]I-HED 井原精機人財教育開発システム

I-HED: Ibaraseiki-Humanresource Education & Development
     (井原精機 人財 教育 開発)

当社の目指すビジョンの実現のために、社内外の有識者による講義等を通じて、当社独自の「専門知識」の取得や「社会人・企業人」として責任を自覚するための教育システムです。その範囲は、「新入社員教育」から「管理職教育」という階層別教育だけでなく、職種別の「専門業務教育」まで広がっています。平行して、資格取得推奨制度、通信教育奨励制度等の制度も整備し、社員一人ひとりが成長するための機会を設けています。

[モノづくり力の向上]自主研活動

 コストの改善のみならず、職場の活性化と人財育成を目的として、定期的に自主研活動を行っています。『可動率チーム』『直行率チーム』『段替チーム』に分かれ、それぞれの目標を達成するために自ら現地現物で問題点を見つけ改善し、設備・人生産性を向上することにより地球環境にやさしいモノづくりを目指していきます。

[明るく活き活きとした職場]各種活動

<みんなでミーティング>

 年4回、全体の朝礼後に4~5人でグループを作り、「みんなでミーティング」を行っています。経営理念を実現するために、社員1人ひとり何ができるのか話し合い、行動することを目的としています。より意見が出やすいように、「安全」や「品質」など、職場の身近な話題をテーマに取り上げています。



<私たちのチャレンジ>

 より良い生産活動を推進するため、安全や品質、省エネ、環境改善、新技術、新工法等に関して目標を掲げ、部門に関係なくチームを組み、活動します。目標を達成すると表彰を行います。
(活動事例)
刃物交換時の不良ゼロ、工程内不良の削減など


<同好会活動>

 社員同士の和気あいあいとしたコミュニケーション形成を図るため、2016年7月より同好会制度が始まりました。現在、8団体の登録があります。
(登録団体)
軽音同好会、釣り同好会、麻雀同好会、ツーリング同好会、バドミントン同好会、スノーボードサークル、Cookingサークル、ライブ同好会

このページのトップへ