IATF16949:2016(品質マネジメントシステム)

会社名 井原精機株式会社
事業所名 井原工場、笠岡工場、総社第二工場
審査登録機関名 SRI Quality System Registrar
基本理念
安心の創造
  • 私たちは高い技術と信頼される製品の提供を通じて、
    人々の幸福と安心な社会の実現に貢献する。
品質方針
お客さま満足の追求方針の実現
  1. IATF16949:2016規格に基づき品質マネジメントシステム(以下QMS)を確立し、お客さま満足の追求のため、お客さまの要望、法規制を満足する製品を生産し、供給する。
  2. QMSを効果的に運用することにより、システムの不適合に対して、是正・予防処置に努めると共に、継続的改善を図る。
  3. お客さまと日常的にコミュニケーションを維持すると共に、お客さま満足度の評価を定期的に行い、是正・予防処置が必要な場合は迅速に実施する。
  4. 全社の品質方針、目標を設定し、P-D-C-Aで継続的改善を推進する。
  5. 関係取引先企業も含めて、当社全社員の教育訓練を計画的に行い、社員一人ひとりの品質に対する意識と力量を高め、具体的な品質改善活動を行っていくための啓発活動を推進する。
  6. QMSの運用に当り、特に次の項目は重点推進項目として継続的改善に取り組む。
    1. お客さま満足度の向上
    2. 品質不適合品の削減

この「品質方針」を文書化し、全社員に配付し、周知徹底すると共に、お客さま等からの要求により、社外にも公表し、その達成に努める。

代表取締役 上野 和彦

※IATF16949:2016とは…
ISO9001に自動車産業固有の要求事項を加えたセクター規格であるISO/TS16949:2009をその前身としており、ISO99001の2015年改訂に対応する際、ISO規格ではなくIATF規格として発行されたものである。

ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得

会社名 井原精機株式会社
事業所名 全工場
審査登録機関名 日本検査キューエイ株式会社
適用規格 ISO14001:2004(JIS Q 14001:2004)
登録範囲
  1. 下記の所在する井原精機株式会社に関係する地域
    • ・井原工場(岡山県井原市上出部町431-3)
    • ・笠岡工場(岡山県笠岡市茂平1234)
    • ・総社工場(岡山県総社市真壁1500)
    • ・総社第二工場(岡山県総社市久代1920-2)
  2. ステアリング部品、エンジン部品、トランスミッション部品、サスペンション部品、アクスル部品及びブレーキの部品等の自動車部品並びに農機具部品の製造
基本理念
地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであることを認識し、企業活動のあらゆる面において環境への負荷を最小限とする企業を目指し、ISO14001に基づき環境マネジメントシステムを確立し環境問題への取り組みを具体的に推進し併せて社会への貢献を図る。
環境方針
井原精機株式会社は全従業員あげて環境保全の重要性を認識し環境負荷を低減し環境保全に努めるため「環境方針」を下記に定める。
  1. 人と地球にやさしい工場をつくり、自動車・農機具部品の機械加工・組立等の製造過程、これに関連する活動を通じて地域社会から地球規模に至るまでの環境影響低減に努める。
  2. 環境マネジメントシステムを効果的に運用することにより、自然の保護、汚染の予防に努めると共に、継続的改善を図る。
  3. 地域社会、関連業界とのコミュニケーションを大切にし、環境に関する法規則の順守や、当社が同意している業界規範に基づいた行動等を行うと共に、その他の重要事項の実現に積極的に取り組む。
  4. この環境方針に基づき、工場毎に環境目的・目標を設定し、これを定期的に見直すと共に、達成のためのプログラムに沿った活動と内部環境監査の実施等により、環境マネジメントシステムの継続的向上に努める。
  5. 関係取引先企業も含めて全従業員への教育・訓練をよく行い、従業員一人一人が環境問題に対する意識を深め、具体的な行動を行っていくために、啓発活動を推進する。
  6. 当社が行う事業活動が、環境に与える影響の中で特に次の項目について重点的に環境保全活動を推進する。
    1. 天然資源の枯渇を防ぐための省資源、省エネルギーへの取り組み
    2. 生産設備などの管理の徹底による汚染防止の推進
    3. 廃棄物・排出物の削減
    4. 地球温暖化防止活動への取組み

代表取締役 上野 和彦

このページのトップへ